ねこのきもちがわからない.ep5

lamm.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

A子の足裏は天鵞絨。

ん〜
a0038698_22563266.jpg

え〃〜
a0038698_22564284.jpg

いや〜ん(でもゴロゴロゆってる)
a0038698_22565156.jpg


[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-31 23:00

私の趣味は乗馬(うs

うにさんは音楽鑑賞とゆー大変高尚な趣味をお持ちだそうだが、A子は…
a0038698_0115880.jpg

んなこったろーと思ったよ…○| ̄| _
[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-31 00:14

ミューレとレオちゃん

今回の話は泣きもしないがオチもない。

ポテトの次にやってきたのはミューレだった。
母は長毛種を飼ってみたいと前々から言っていて、そこでペットショップに買いに行かないのが母たる所以なわけだが。ネットワークに頼んでいてうちへやってきた。
もちろん純粋ではない、雑種混じりの三毛ペルシャであった。
命名は母。お菓子のミルフィーユが好きなのでそれっぽいの、だそうだ。

実家初の長毛種だったんだが、私は実は苦手〜。と言うのはアレルギーのせいだと思うのだが、厳密に言うと「フケ」のアレルギーなのに、あの長い毛がふわふわ漂ってたりすると何故か鼻がムズムズしてくるのだ。

ミューレが加わって実家は最多の7匹になったのだが、それからしばらくしてナオちゃん(7.5キロ)が永眠した。続いてニセシャム・レイラが。
年の順と言う事で仕方がない事だった。
a0038698_23155167.jpg


レオちゃんはちょっと変わった経過でうちのコになった。
なんと純潔のチンチラ、血統書付きである! もちろん母が買ったわけではない。
兄嫁が独身時代に買ったコであった。
しかし彼女の母上は大の猫嫌いで、家では嫁さんの部屋(ひと部屋のみ)で飼ってたそうだ。
彼女は結婚の条件に「猫好きな人」というのを挙げてたようで、兄(及びうち)は理想的な相手だったようだ。
所帯を持った時レオちゃんを連れていったのだが、しばらくして妊娠。
赤ん坊への影響と世話の大変さから、母が引き取る事になった。

しかしこのレオちゃんがものすごく人慣れしないコで、兄嫁にもだっこは嫌いだは、コームは嫌がるは…という状態だった。それが知らない場所に連れて来られ、他猫の匂いがたくさんする家では怖がって当たり前だった。

特大ケージ(高さは140センチ位で2段の棚がある。一番下にはトイレが置ける大きさ)に入れた。
ご飯を入れる母を散々威嚇したらしい。
たまに兄嫁がやってきて毛の手入れや世話をしていた。
a0038698_2316154.jpg

ここで雑種と純血種の違いがあからさまになる。
毛質のせいか、毛玉なんて滅多に出来ないミューレに対して、レオちゃんは油断するとすぐに毛玉だらけになってしまうのだった。
毛の細さ、密度が違うようだ。

出来てしまった毛玉は「切り取る」しかない。それも気をつけて切らないと肉(皮膚)まで切ってしまう。
コームを毛玉の根元に入れて皮膚をガードしながら切る。
痛い思いでもしたのかコームもすごく嫌いである。二人がかりで押さえても引っ掻かれるし噛まれるしで大変な作業であったようだ。

このなつかないレオちゃんがようやく母を威嚇しなくなったのは1年後だった。以来母には甘えるようになった。
ケージも出て徐々に他の猫と近づいても大丈夫になった。

母は長毛種2匹(三毛とシルバー)とアメショー(まろん)白の多い三毛(ポテト)がちゃ三毛(ラム)と各種取り揃え、ゴキゲンであったよ。
[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-29 23:19

擬態。


a0038698_22502754.jpg


8
a0038698_22503910.jpg


瓢箪でも良し。

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-28 22:51

新しいおもちゃに夢中♪

a0038698_23432330.jpg

…と言ってもひもに木片を結んだだけ。
a0038698_23433486.jpg

安上がりでいいのぅ…

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-27 23:47

猫村さん??

「あ〜ら奥様お聞きになりましたぁ? あの、う・わ・さ」

a0038698_21341067.jpg

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-26 21:36

猫林一茶

飯喰えば
ぬこが鳴くなり
おまえにゃやらん

解釈:お猫様の健康を考え、残さず食べる飼い主は太る一方…という現代の悲哀を鋭く突いた一句。


a0038698_22474746.jpg

釣り師A子はうそつき

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-25 22:49

猫尾短蕉

a0038698_20222863.jpg

贅肉を
つまんで厚し
たるみ皮

解釈:もしや皮がたるんでいるだけかもと思い、つまんでみたらお肉たっぷしの腹であった…という飼い主の悲哀を歌った句。 
[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-24 20:23

洗った!

前:ドア前で開けてくれ〜と訴える。しっぽがへたれ。
a0038698_22503831.jpg


後:やはり出してくれ〜と訴える。
a0038698_22504677.jpg

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-23 22:52

つめとぎ

この爪磨ぎをA子はチビの頃から使い続けている…7年ものである。。。
a0038698_0353972.jpg


実はこれは市販のものではない。
母の猫仲間のおばさんお手製なのだ。

多頭飼いしているうちでは爪とぎはいくらあっても足りないだろう。たくさん買うと結構なお値段でもある…って事で手作りし始めたおばさんがいた。

段ボールを集めて切る(流石に手で切ると断面が揃わないので、印刷関係の会社に頼んで断裁機で切ってもらってるそうだ)外枠を組み立てる。切った段ボールが外れないように中には太い針金が通ってるそうだ。
こうして作ると市販品の半値位で出来るそうで、母はその人から大量に買っていた。↓
a0038698_0583373.jpg



画像のはそれの廉価版。
「子猫ちゃん用に作ってみた試作品」らしい。

A子を飼い始めた時に母がくれた。
そしてA子はこれが大のお気に入り。

その後市販品を買ったり、上記の「大人猫用」をもらったりしてうちには今3個の爪とぎがあるのだが、A子はそれらには一切見向きもせず、この一番古い爪磨ぎを愛用している…だいぶボロになったが、捨てられないのだ…。

追加 ネコムライス@きょうの猫村さん

a0038698_13451179.jpg

[PR]
by chibikuroneko | 2006-01-23 00:45

JJC(ジャパン・ジャパショー・クラブ)


by chibikuroneko